0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | - |
    0
      「丸洗いOK」とは?
       商品のキャッチコピーに
      「丸洗いOK!」って書いてあるとなんだかうれしいですよね。

      でも、丸洗いOKと書いてあるのは、
      ただ「洗えます」と言う意味ではなく、
      「いままでの常識で家庭での洗濯は無理だろう、と思われてるものが実は洗えるよ」なのです。

      でも、
      丸洗い=洗濯機OK=一般の洗濯物と一緒にガラガラOK
      だと思って実践している方がいらっしゃるようで。
      それはお止めいただきたい〜!

      トップとか、アリエールとか、一般の洗濯によくつかわれている洗剤には
      漂白剤・増白剤・蛍光剤など白いものをより白くする成分が含まれているものがほとんどで、
      学生服やセーラー服などはポリエステルでも洗剤の成分との化学変化によって色あせや変色が起こります。



      制服の場合、「丸洗い」は
      ■水温:30℃以下
      ■洗剤:中性洗剤(アクロンやエマールなどおしゃれ着洗い用)
      ■洗濯方法:手洗いまたは洗濯ネットに入れて洗濯機のドライモードとかウールコース等のおしゃれ着を優しく洗うコース
      これが基本です。

      漂白剤は酸素系はOKです。



      ちなみに、店内の商品にどんな洗濯表示が付いているか見てみました。

      【ポリ100%の学生ズボン】
      学生服の洗濯タグ

      【夏用セーラー服】
      夏服セーラー服

      【ポリ100%のセーラー服】
      ダッフルコートの洗濯タグ

      【ポリ100%のセーラースカート】
      セーラー服スカートの洗濯タグ

      【ウール100%のスクールブレザー】
      スクールブレザー洗濯タグ

      以上、「丸洗いOK」と唄っていなくても洗えます。


      というわけで、「丸洗い」のキャッチコピーがなくてもほとんどの制服はお家で洗えるんですが、
      このマークの洗濯表示(↓)のついているものは型崩れしたりする可能性があるので
      お家で洗うのはあきらめてください。



      【ウール混のコート】
      セーラー服の洗濯タグ



      制服豆知識 | 16:53 | comments(0) | - | - |